Menu

ガレージハウスを建てる前の注意点

自動車やバイク好きな方にとって、ガレージハウスが魅力的なマイホームです。これから建てようと検討している人にとって、知っておかなければいけないのが注意点です。自動車やバイクと一緒に過ごせる家は魅力的でできれば建てたい家になるけれども、ただメリットだけがあるわけではありません。デメリットがありますし、注意点を理解して建てなければ、過ごしにくい家になることもあります。好きな車と一緒に過ごすためにも、まずは注意点やデメリットを理解して建設の検討をしてください。ではどのような点がデメリットとなり注意しなければいけないのでしょうか。そこで、ガレージハウスが持っているデメリット、そして注意点をご紹介します。参考にして建設の検討をしてみてください。

価格面や敷地の面でデメリットが出てしまう

一般的な家なら、敷地が小さくても建設可能としていますし、また費用を抑えローコストにすることもできます。ガレージハウスでも、小さい敷地でも建設は可能としています。しかし小さくしてしまうと、自動車に居住スペースを占領されすぎてしまい住みにくくなる場合もありますし、また逆に自動車を保管するスペースが小さすぎてしまい、使い勝手が悪くなります。ある程度大きな家を建設しなければ、住みやすい家にすることができないため、一般的な家よりも敷地が広く必要とします。大きくしなければいけない点、そして完全なオリジナルで設計をしなければいけない点があるため、ローコストで建てることも難しく、費用がかかるデメリットもあります。これらのデメリットを理解しておかないと、失敗する可能性があるため注意が必要です。

敷地前の道路が広くないと辛くなる

建てる前に注意してみてほしいのが、敷地前の道路です。道路が狭くても建設することは可能としていますが、しかし重大な問題が発生する場合があります。敷地前道路が狭いと、ガレージに駐車することが困難になる可能性が出ます。特にガレージハウスになると、駐車の向きが自由自在にすることができません。そのため、敷地そのものが小さくなると、道路が狭いことにより入りにくくなり駐車できなくなることもあります。敷地の広さだけでなく、道路の広さも使い勝手が良いのかどうかも関係しますので覚えておくようにしましょう。夢の家になるけれども、しかし、確実に快適な家になるわけではありません。十分に注意して、快適に車と過ごせる家を建設して、建ててから後悔してしまうことがないようにしましょう。

和テイストの家やインテリアにこだわった家など、今までの施工事例も公開しています。 ロングサポート60は、お客様のニーズ応えた60年間の長期定期点検システムです。 ポウハウスの材料・工法は維持管理にこだわっています! スタッフの日常やお客様宅をご紹介しているブログも公開しています。 温度差を緩和する、オリジナルの24時間計画換気システムを取り入れています。 ショールームのようなガレージハウスはポワハウスまで