Menu

これからガレージハウスを建てようとしている方へのアドバイス

自家用車は生活の足として欠かすことのできないものです。とくに交通機関の発達していない郊外や農村部ならば、なおさら重要になります。また、単なる移動のためのツールではなく、愛車として大切にする人も少なくありません。自分の理想を反映した車というものは、なにものにも代えがたい存在といえます。それだけに、保管場所にも気を遣いたいのは当然です。車をより大事にしたいオーナーの間で、ガレージハウスの人気が高まっています。これは駐車場や家の外にある車庫とは違い、家と保管スペースを一体化させた形態です。そこには車への拘りや、金銭的な特典まで、多くのメリットがあります。これから愛車に長く乗り続けたい人ほど、このような住まいを建てることは、非常に有益です。

家とガレージを一体化させるメリット

自宅をガレージハウスとする利点は、愛車をより身近に感じられる点にあります。家の外に出ることなく、車に接することができるので、車好きには最高の環境です。また、家の中から直接乗り込めますから、雨が激しい日でも濡れる心配がいりません。また、いつでも目の届く場所に置いておけますから、防犯効果も期待できます。高級車であるほど、積極的に取り入れたいシステムです。また、ガレージハウスの大きさによっては、固定資産税を安くする効果もあります。これは、家の中であっても、床面積に加えられることがない場合があるためです。もちろん、別に駐車場を借りる必要はありませんから、それだけ家計の節約にもなります。維持費が安く上がった分だけ、車のメンテナンスに力を入れれば、より長持ちさせることも可能です。

家の中にガレージがある場合の注意点

では、ガレージハウス特有の注意点とは、どのようなものがあげられるのでしょうか。真っ先に考えるべきなのは、騒音と排気ガスです。これらはガソリン車には必ずついて回る問題であり、家の中に入れるのであれば、一考を要します。このため、家族の寝室とは遠ざけたり、換気扇の設置などは必須です。もちろん、排気ガスのでない電気自動車などでは、こうした懸念は少なくなります。また、1階部分に広いスペースが空くため、耐震化はより念入りに行わなければなりません。また、外から直接繋がる部分であるため、侵入者を防止する対策も求められます。ガレージ内は常に明るくして、セキュリティシステムの導入も検討するべきです。見方を変えれば、これらは家そのものの安全性にも貢献してくれます。万全の設備と共に、愛車と共にある生活を満喫していきましょう。