Menu

ガレージハウスの施工例と費用の紹介

車やバイク、自転車やマリンスポーツのためのグッズなどを大切に保管できるガレージハウスは、趣味を満喫するうえで非常に便利なツールとして知られています。そのようなハウスのなかでも、施工例は多種多様となっており、それぞれの趣味に合わせた理想的な空間を手に入れるために確保する空間や形など凝った作りにするなど、特徴を持たせるケースも多くあります。施工の仕方によって値段は上下し、また空間や設備などにどの程度費用を傾けることができるかという点でもオリジナルのハウスを施工するうえで重要なポイントとなってきます。もちろん趣味のためだけでなく、近隣に駐車場を確保できない、あるいは公共の月極め駐車場が無いといった場合でも非常に重宝し、より実用的に使用される場合も多くあるのが特徴です。

ガレージハウスの施行例について

それぞれの趣味や使い方によって、施工例は大きく変わってくるのがガレージハウスの特徴と言えるでしょう。例えばバイクや車、あるいは音楽が趣味でスタジオとなる空間が欲しいという人には、それに見合った大きさの空間の確保だけでなく、防音効果のある設計や素材、そして防音設備を備えた施工となります。 近隣の住民への配慮はもちろんのこと、家族持ちであるなら身内への配慮なども必要になってくるためです。一般的に空間だけでなく防音設備など特殊な施工をする場合は単価も上がり、一坪あたりの単価も上昇する傾向にあります。 地域によって値段は上下しますが、一坪あたり40万円から50万円程度が相場とされています。 依頼主は、その一坪あたりの単価を目安に、どこまで空間を確保するか決めることになります。

ハウスを建設する費用の相場と期間について

趣味や専用の車庫といった実用的な使い方までカバーできるガレージハウスは、地域や施工、設備などで費用は大きく上下してきます。特に物価の違いによる相場は注目すべきポイントで、30坪の場合、東京での相場は3000万円からがだいたいの相場となり、福岡県では2500万円程度とされているように、地域によって相場が違うという点に留意しておくと良いでしょう。ハウス施工を請け負う企業は多くあるため、上記の相場を知っておけば、相場と比べて安価なのか高価なのか見極めるひとつの指標となります。また、施工する期間は設備や素材、そして請け負う企業によって異なりますが、平均して5か月から半年程度が施工期間とされています。 また、木造ではなくできるだけコンクリートを使用した耐用年数のあるものが理想的とされています。