韓国人とコンタクトレンズ

最初にコンタクトレンズを利用する、あるいは現在使っているコンタクトレンズが全然合っていないと悩む人なら、きちんとした眼科医に行ってみましょう。コンタクト店のコンタクト外来は臨床経験3年目など専門外の医師が主にバイトでやっているケースが多いので、可能な限りしっかりとした眼科医の下に行きましょう。
慣れてくると、どうしてもコンタクトレンズの扱いが雑になってしまい、トラブルが増えてしまいがちです。とりわけ使い捨てできるレンズが要注意かもしれません。耐用期限を過ぎたまま装着し続けたり、コンタクトを付けたまま眠ったり、いろいろとトラブルの可能性はあります。最初のころの気持ちを忘れないでレンズを扱ってください。
今まで視力があってしっかりと見えていたのに病気もしくは怪我によって視力を失ってしまう場合を失明といいます。誕生したときから視力がないこととは別のものです。失明を分類すれば、全盲といって暗いか明るいかすらも全く識別できないものや光覚弁という明暗だけは判断できるという症状、手道弁という手の動きだけはなんとか見える症状

目が赤くなる症状により認識されている結膜炎についていえば、結膜に生じる炎症をいいます。結膜の炎症は急性のものと慢性の場合に分かれ、その大多数がウィルスや細菌とかによる感染やアレルギーがもとで起こります。そのため原因となるバイ菌に効果的な抗菌剤を使うことによってけっこうすぐに治ります。
ドライアイにならないようにするには、角膜乾燥症に効く目薬を購入して涙の量を確保したり、部屋が乾燥しないように調節したり、コンタクトを長時間つけないようにしたり、アイメイクは軽めにする、目を極力休ませる、などということを心がけてください。またエクササイズや食生活にも気をつけたりしての血流をよくすることも効果的です。
万が一コンタクトレンズが合わないと思ったら、ちゃんとした眼科医の居る病院に足を運んだ方が絶対にいいです。今使っているコンタクトレンズが全く目に適していない場合も十分にあります。目に適していないコンタクトレンズを使用し続けると目玉に深刻な病気が発生したりするので、注意してください。

最近はコンタクトに対する研究が進歩していて、相当な酸素透過率をもつコンタクトレンズが販売されています。ところで、酸素透過率は、ソフトレンズと比較してハードがより高く、さらに古くなくて汚れのない状態のコンタクトの方が高いのです。そのためレンズは長期間使用した分だけ酸化透過率はどうしても低くなってしまいます。
中にはコンタクトレンズにアレルギーを持っている利用者もいます。コンタクトレンズを付けると、目が血走り、上まぶたの内部に粒状のアレルギー反応が出てくる病気です。コンタクトアレルギーを持つ人はすぐに眼鏡に戻した方がいいかもしれません。もちろん眼科に足を運べば炎症を抑える薬を出してもらえるのですが、心身には負担です。

Share on: Twitter, Facebook, Delicious | Permalink